【you_masaru’s blog】

MENU

【文庫】岡田光世「ニューヨークのとけない魔法」

 

最近のテレビ番組をザッピングしていると

海外にロケに行くものや、外国人観光客にインタビューするものが

多いように感じます。

 

東京オリンピックを3年後に見据え、

政府が訪日観光客を増やそうとしている背景などが

あるのだと思うのですが、ちょっとワザと臭いというか

やりすぎな感が否めないような気もしますね。

 

とは言っても始まらず、せっかくの外国との

文化交流やコミュニケーションの機会なので

前向きに考えるのも悪くないのかなとも思います。

 

そんな中で、過去に読んでいて

暖かい外国人との交流を描いた本があったなぁと

思い出したのが、この本です。

 

ニューヨークのとけない魔法 (文春文庫)

ニューヨークのとけない魔法 (文春文庫)

 

 

作家である著者の岡田光世さんが、

ニューヨークに在住している際に起こった

身の回りの出来事を短編でまとめたエッセイ集みたいなものです。

(正確なカテゴリがよくわからない。)

 

このブログをよく読んでいただいてるかたには

そろそろバレていると思うんですけど、

自分短編集ものが好きなんですよね。

 

多分、根はそこまで本好きじゃないのか

活字中毒ってわけでもないのか

サクッと読めてリラックスできるものが好きなんだと思います。

 

で、この本に関してもこれまでと同様、

多分には漏れずにそんな気軽に読めるものです。

 

内容としては、本当に些細な日常の出来事と

そこでの著者の機微みたいなものが優しく書かれています。

 

例えば、アメリカでは50ドルや100ドル紙幣なんかは

レジやチケットの支払いを断れることが多いのですが、

著者の財布にはそうした紙幣しかなくて困っていたという

シチュエーションがありました。

 

そこで狼狽していると後ろからクズしてあげるわよと

20ドルや10ドル紙幣と変えてくれた黒人女性が現れました。

ニューヨークには、たまにこうした女神が現れると著者はいいます。

 

その後、駅で地下鉄に乗りあぐねていると

どの駅まで行くの?と話かけられ、

またもや助け舟を出してくれた人が出てきたと思いきや

さっきの黒人女性だったので、

「You seem to be there when I need you

 (必要な時、あなたはいつも現れてくれるのね)」

と助けられたエピソードがあります。

 

と、こんな感じで

3、4分もあれば簡単に読めそうなものが

約130編ほど収録されています。

 

また、上記の口語表現なんかを

各編ごとに添えられているため、

ちょっとした英語の勉強にもなるので

読んでいて楽しいです。

 

初版は2007年だったりするんですが、

「ニューヨークの魔法」シリーズとして

第五弾まで文庫本が出ています。

 

結構ニューヨークの秋や冬の描写が多いので

寒い季節に読むとすごいほっこりするので、

ちょっと内容によっては季節外れかもしれないですけど、

オススメです。

 

【ライフハック】ユニークな本と出会う

唐突ですが、

もともと自分は本とか読むのそんな好きじゃないんです。

偉い人はみんな本を読めっていうし、

活躍してる諸先輩方も月に何十冊と読むと言い、

お金持ちになりたくて本を読み始めました。

 

もちろんからっきし小説とかが嫌いだったわけではないです。

中学校?の頃の国語の教科書に載っていた

ヘルマンヘッセの「少年の日の思い出」とか。

 

エーミールの

「そうか そうか つまり君は、そんなやつだったんだな。」

 ってセリフとか、

帰ってきた僕が蝶々を一つ一つ指で潰すとか

センセーショナルでめちゃくちゃ記憶に残ってたりする。

 

少年の日の思い出 ヘッセ青春小説集

少年の日の思い出 ヘッセ青春小説集

 

 

だけどこのブログでこれまで紹介したのって、

新書っぽいものやカルチャー本とかが大半で

純文学に相当するものはおそらくほぼないんです。

 

ただ、そんななりでも

あれこれみているサイトだったり雑誌だったりがあって、

そういったところで気になる書籍を見つけては

少しずつ本を読む習慣ができました。

 

そこで、これまでに紹介したようなジャンルの本や

「普段本読まないよ」っていう人にも「これなら読めるかも」って本が

見つかりそうな、メディア・スポットをまとめたいと思います。

 

前提として「ユニークな本」の定義は、

勝手ながら、このブログで書いてきたような「ファッション」や

「ミュージック」などのカルチャーに通ずるものや

新書や文芸書、自己啓発本などとします。

 

目次 

 

 

SPOT

 

銀座 蔦屋書店

まず最初は、今年OPENしたばかりのGINZA SIX内にある

銀座 蔦屋書店」です。

 

f:id:you_masaru:20170724163406j:plain

©Culture Convenience Club Co.,Ltd.

 

store.tsite.jp

 

訪日観光客を意識した、日本の「食文化」や

歌舞伎などの「伝統文化」、歴史などの本が多くあるほか

伝統工芸の小物などを取り揃えています。

一方で、ファッション分野の本も充実していて

海外アーティストの写真集やコレクションなどの資料もあり

少し値が張りますが、なかなか目にすることのない書籍が多いです。

 

  

BOOK MARC 

続いては、先日も取り上げたばかりですが

MARC JACOBS のブックストア「BOOK MARC」です。

 

f:id:you_masaru:20170717170837j:plain

 

omoharareal.com

 

以下の記事でも書いていますが、

デザイナーのマークジェイコブス氏が好んだ画家・

アーティストの関連書籍や写真集などのほか、

ブランド「MARC JACOBS」のデザインに

インスパイアを受けてセレクトされた海外小説や邦訳文庫があります。

 

書棚ごとに「写真」「アート」「ファッション」

「ミュージック」と分けられていて、

MARC JACOBSが好きな人はもちろんですが、

そうでなくとも興味深い本がたくさん充実しています。

 

you-masaru.hatenadiary.com

 

 

ターミナル駅の大型書店

ターミナル駅のように人の往来が多い場所に店を置く

本屋さんは、特定の人物像に本のジャンルを絞ることが

難しいため、 様々なジャンルの本や話題の本を多く取揃える傾向にあります。

 

中でも今回イチオシなのは、

ブックファースト 新宿店」です。

 

f:id:you_masaru:20170720213506p:plain 

新宿西口の書店ブックファースト新宿店|店舗のご案内

 

ここがイチオシなのは、取り扱うジャンルの

幅広さに尽きるかなと思います。

 

この画像でもわかりますが、コクーンタワーの真下にあるので

そこの学校(モード学園首都医校・HAL)に通われる方に

向けても対応しているので、専門書が結構多いです。

 

 

 

 

ネットメディア

 

CCCメディアハウス

ネットメディアと言っても、

これはツイッターのアカウントなんですけど。

  

twitter.com

 

 

f:id:you_masaru:20170724163656p:plain

Copyright © CCC Media House Co., Ltd. 2017 All rights reserved. No republication without written permission.

 

まだ本が読む習慣がなかった頃、

気になって手に取ったりした本が多かったのが

このCCCメディアハウスの出版もので。

 

今でも気になるものがよくあるのであげときたいと思います。

比較的、ライフハック系というか自己啓発ものが強い印象です。 

 

 ここの出版のものには、過去に紹介した

「ハーバードの自分を知る技術」などがあります。

 

you-masaru.hatenadiary.com

 

 

美女読書

 

このメディアもCCCメディアハウスに近いジャンルの本を

よく取り上げてる感じのメディアですね。

 

ビジネスマン向けの本で、とっつきやすいものを

綺麗な子達が紹介してます。

ここもよく見るっちゃ見ますが、半分は目の保養です。はい。 

 

f:id:you_masaru:20170724164041p:plain

© 2014-2017 美女読書

 

bijodoku.com


 

tumbler

 

んで、今回このテーマの記事をあげるにあたって

これまでに買うに至った本って、どこで知ったんだろうって

考えたら、実はtumblerだった率が結構高かったんです。

 

中でもこのアカウントは、かなり参考にしてました。

物騒な名前ですけど。 

 

mmgen.tumblr.com

 

 

三浦知良さんの「とまらない」を買ったきっかけも

このtumblerで前作の「やめないよ」が紹介されてたからでした。

 

you-masaru.hatenadiary.com

 

 

本が好き! 

そのほかに、面白いSNSで最近やり始めたものがあるので

こちらも紹介しようかと思います。

 

f:id:you_masaru:20170724164225p:plain

Copyright(C) FlyingLine Corp. 

 

www.honzuki.jp

 

以前に、このブログで書評を書いてたら

「是非うちで」 みたいなこと言われて始めたんですけど、

いろんな人が好きな本の書評をあげるサイトなんですね。

 

オススメの本の書評を更新して

自分のランクが上がると、先着もしくは抽選で

キャンペーン中の本がもらえるっていう

献本サービスがあります。

 

面白い書評を見つけたら、

その人がほかに進めている本を見てみたりもできるので

これもまた面白い本に出会えるかもしれないですね。

 

 

 

 

 

その他 

 

雑誌の巻末

そのほかにカルチャーに詳しい本は、

やはり雑誌の巻末やBOOKのコーナーなどに掲載されていることが

多いです。

 

 

自分で本屋に立ち寄ってみて探すだけでは

なかなか巡り会える本って限られているので

こうした雑誌のレコメンドやなんかを追ってみるのも

楽しいです。

 

 

スミスの本棚

多分今はやっていないコーナーだと思うんですけど

テレ東のホームページにバックナンバーが載っているので

紹介したいと思います。

 

f:id:you_masaru:20170724164509p:plain

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

もともと経済番組「ワールドビジネスサテライト」内で

やられてた1コーナーで、各界の著名人がオススメの1冊を

紹介するものでした。

 

私自身このコーナーをきっかけに、読んだ本などもあったので

今見てみても、意外な出会いがあるかもしれません。

 

 

 

 

まとめ

 

結果的に、割とベタなところを紹介した感じになったかと思いますが

よりコアなカルチャー本だったり、洋書なんかをみたいって方は

この記事がオススメです。

 

www.fashionsnap.com

 

以上どうだったでしょうか。

 

別に本なんか読まなくていいと思いますし、

人に言われて無理して読むもんでもないんですけど

ただ、字を追って想像を膨らましてみると

完全に自分がいる世界とは違うものが頭の中に広がったり、

普段目にする風景もいつもと違って見えたりします。

 

それって決して悪いもんじゃないと思いますよ。

月並みなことしか言えないですけど。

 

まあ単純なメリットとしても、

ボキャブラリーが増えたり人との会話のネタになったりするし、

本読むのって意外と頭の体力使うんで

そういうの鍛えてると、面倒な会議資料とかマニュアルも

多少はラクに読めるようになったりします。

 

ってことで、ちょっとでも参考になれば幸いです。

【メンズファッション】AMERICAN EAGLE OUTFITTERS フレックストランクス

以前紹介した肌着に続いて、

今回はアンダーウェアの紹介をしたいと思います。

紹介するのは、アパレルショップ「AMERICAN EAGLE OUTFITTERS」の

フレックストランクス です。

 

f:id:you_masaru:20170706135720j:plain

 

このトランクス、実際はボクサーパンツなんですが

履き心地がよくて同じシリーズを何枚か持っています。

 

続きを読む

【MV】MEST「Cadillac」

関東も梅雨が空けて、これから夏まっしぐらって感じですね。

夏になると思い出すことってありますよね。

 

花火大会、肝試し、海水浴、合宿。

いろいろイベントあるし、ばか騒ぎしたこととか

ほろ苦い思い出とか。人それぞれあると思います。

 

人間の脳って、

記憶を司る場所と嗅覚を感じる場所が

近くに位置するので、何か匂いを嗅ぐとそれに紐づいた

昔のことを思い出すといいます。

 

けど、自分は嗅覚よりも俄然、

聴覚でいろいろ思い出すほうです。 

 

Wasting Time

Wasting Time

 

 

このアルバムがお気に入りで、

毎年夏になると恒例行事かってくらい

よく聴いてます。 

 

昔のバイト先の人に教えてもらって、

それからよく聴いてるので、夏はしょっちゅう

クロネコで重い荷物運んでたこと思い出してるワケです。

懐かしい。

 

ちなみにその人は、以前書いた

かっけージーンズ履いてた人です。

いろいろ影響与えられてるなぁ。

 

you-masaru.hatenadiary.com

 

 

まぁそんな思い出もあるので、

TOKYO FMのキャンペーンに応募したりして。

エクストレイル当たらねえかな。笑 

 

www.tfm.co.jp

 

で久々にMestを検索して

youtubeで見てたら、この曲のMVが最初に出てきて。

知らなかった曲なんですけど、スクラッチ入れてて

メロコアとかパンク好きだけじゃなく、ミクスチャー好きな人

とかもハマれそうと思って、紹介しようと思いました。

 

 

今年もフェスの季節がやってきたけど、

会いたい人には会えるうちに会っておいた方がいいな。