【you_masaru’s blog】

MENU

【新書】三浦知良「とまらない」

自分は まだまだこんなものじゃない

もっとやれるはずだ。

 

若い頃というのは

根拠のない自信を 燃料にして

勢いでもって 乗り切ることがあると思います。

 

それは、仕事や 恋愛だったり

趣味や 夢を追いかけることなど。

 

そうした時期は

理想と現実のギャップに対して、

葛藤することが多いと思います。

 

そんな環境に いるとき、

あの キングカズこと 三浦知良さんの言葉が

とても参考になります。

 

とまらない (新潮新書)

とまらない (新潮新書)

 

 

 

今回 紹介する本は、

三浦知良さんの「とまらない 」です。

 

本のタイトルからすると、

なおのこと 勢いや モチベーションで

ことに当たる方が いいんじゃないかと

思いますが じっくり中身を読んでいくと

そうではないことが 分かります。

 

この本の内容は、2011年〜2014年に

日本経済新聞で 隔週で掲載されていた

三浦知良さんのコラムを 取りまとめたものです。

 

この時期、三浦知良さんが所属する

横浜FCという サッカーチームは、

J2の下位に低迷する期間が 続いていました。

 

そうした中の三浦さんの、

プロとして練習や試合に臨む姿勢が

赤裸々に、この本では綴られています。

 

月並みだけど、普通でない試合で「普通のプレイ」ができるかどうかだね。試合に至る日々には「流れ」というものがある。結果を出してきた流れ、勝とうが負けようが、変わらずやってきたことの集積としての流れ。それを続けること。明日は特別だから今日は早く寝る、ではなくてね。

(中略)

平常心でいつも通り、全力で。シンプルな臨み方を僕はお薦めします。

                 P.70 僕たち自身が変わろうー2011年

 

 

この連載はまだ更新されていて、

以下の三浦知良さんのHPからも読むことができるので

日めくりカレンダーのように、ちょくちょく読んでいると

とても勇気付けられますし、ハッとさせられる

メッセージに出会うことがあります。

 

www.kazu-miura.com