【you_masaru’s blog】

MENU

【ブラックミュージック】あの曲のサンプリングの元ネタを調べる方法

ここ最近、空前のフリースタイルラップブームに

あやかったヒップホップの再燃や

ソウルやアシッドジャズなどの音楽が流行ったりしています。

 

いわゆる、アメリカの黒人発祥の音楽である

「ブラックミュージック」がミックスされた

ものが流行っていると思います。

 

中でもここ最近の邦楽のトレンドでは

「サンプリング」という手法が改めて

前面に押し出されている気がします。

 

例えば、以前にも紹介した

 

 

KICK THE CAN CREWの「千%」

 

 

イントロから女性のコーラスが入っている部分があると思います。

これは、元々別のコーラスが入っている音源があり、

それにエフェクトをかけたりして、ループさせています。

 

ざっくりとですが、この手法が

いわゆる「サンプリング」ってやつですね。

 

ヒップホップなどでよく使われる手法なんですが

このサンプリングは、過去にリリースされている

他のアーティストの音源なんかを用いたりするので

リスナーとしては、

「この曲のこの部分、なんて曲のどの部分を

 サンプリングしているんだろう」と考えて

楽しむことができます。というかそれが醍醐味になったりします。

 

 

 

今回は、そんな醍醐味とも言えるサンプリングの

元ネタを調べる方法を書いていきたいと思います。

 

まずは、このライフハッカーでも紹介されている

Whosampled

f:id:you_masaru:20170707224221p:plain 

http://www.whosampled.com/

 

 

f:id:you_masaru:20170708211252p:plain

Whosampledのページトップ

 

検索窓から好きなアーティスト名などを

入力して検索します。

 

日本のアーティストだと、KREVARHYMESTERなどの

登録があり、彼らの楽曲のサンプリングの元ネタを

知ることができます。

 

 

また自分のアカウントを作成して、

自身が知っているサンプリング曲を投稿することができます。

 

f:id:you_masaru:20170708212149p:plain

実際に投稿したネタ。(SuchmosMiree THE BAY ver.」)

左がサンプリングした側の楽曲。右側がサンプリングされた側の楽曲。

 

ただ、このサイトは海外のものなので

やはり邦楽はあまり登録がありません。

 

ただビルボードチャートに名を連ねるような

アーティストのサンプリングやリミックスが

たくさん掲載されているので、見ていて楽しいです。

 

 

 

 

また他にも、サンプリングの元ネタを調べる方法としては

「Sampling-Love」

があります。

 

www.sampling-love.com

 

このサイトは、元々同名のヒップホップにおける

サンプリングの元ネタを多数収録した書籍でした。

 

現在その書籍は、入手するのが困難となっているようで

そのSampling-LoveがWeb版として復活しています。

 

f:id:you_masaru:20170708214249j:plain

現在ネット上では中々手に入れることはできない「Sampling-Love」。

 

 

 

 

 

 

元ネタを調べたり、知るのは

アハ!体験のようで楽しいものがありますが

楽曲を作る側のアーティストも半ば意地で(?)

誰も知らないような音源をカッコよく使ってやる

という気概があると思います。

 

なので中々、元ネタを発見することは難しいですが

そういったカルチャーがあるということを知って、

自分であれこれ音源を掘ってみるのは、

またひとつの音楽の楽しみ方だと思います。